2019-8-092(1280x220)_20200105190047462.png

3rdアルバム『METAL GALAXY』でも独走性を放ち続けるメタル・ダンスユニットBABYMETAL。そんなBABYMETALについて楽しく語り合う遊び場的なブログを目指していますので、BABYMETALファンの訪問をお待ちしています。

menu40-30.png
 

USツアーでは神バンドソロも入れて、BABYMETALライヴの魅力を全て出し切ってほしいと思いませんか?

 MOAMETAL凱旋公演から約一カ月ぶりのライヴとなる台湾のフェス『スーパースリッパ』出演日まであと3日余りとなりました。 セットリストはグラストンベリーとあまり変わらないと思いますが、観客の反応はヨーロッパとアジアということで少し異なるのかもしれません。 また、台北でのアベンジャーは鞘師さんになると管理人は予想していますが、皆さんは誰になると予想しているでしょうか? それと、出来れば今回から神バンドメ...

続きを読む

icon55.png Category : 語り合おう!

Comment-open▼ 💬 Comment : (28)

* by 名無し
以前は彼女達がシーユーではけてから神達が観客に挨拶して喝采を受けていた
でも今回は演奏が終わると彼女達がステージにいるうちにさっさと引き上げてしまう
そもそも神々の演奏スキルでBABYMETALに興味を持ったギター小僧なので
彼等がただのバックバンドになってしまって悲しいし、ライブの楽しさが半減した

* by 恋野のきつね
シロ塗りは、メイクに時間が掛かるし、メイクを考えるのも大変、お肌(アタマ)も荒れる。だからお面にして、と言ったとか言わないとか?

* by 妄想族なんちゃらー
神ソロ・C&R・WOD・モッシュ・SEE YOU!・WE AREについても、「ライブバンド仕様」なら観客を乗せて煽って盛り上げる演出として大正解なのですが。

ステージ上で演劇ストーリー進行していく「歌劇団仕様」となると、これらは演出としてはミスマッチと考えることもできます
ステージ上で役柄を演じているSUさんMOAさん、他演者さんの合間を縫って
神ソロでバンドメンバーの技量を見せる場面は必要ではないですよね
劇進行してる目の前で、観客がWOD・サークルモッシュしてほしくないでしょう
SUさんも役柄ほったらかしに、観客に「かかってこいや!」も「ジャンプジャンプ!」もサークル作れともいわないわね
「WE ARE !」も「SEE YOU!」も、ライブバンドとしての〆として◎の演出なのであって、ストーリーありきの演劇の終わり方としてはミスマッチ

「歌劇団」が正解かはわかりませんが、これまでの違和感演出が、当てはめると辻褄がそれなりにあってくるように思えるんですけどねー
今はライブバンドとして活動してるけど、2018年のダークサイド、レジェンドSから「歌劇団」的演出のテストランは、進行しているように思います
2018年は、C&Rとか全然なくて情報もなく「観客との距離」が隔たり有りすぎ問題ありましたよね。
あれも、ライブ的な要素を一切封印した演出・演劇前提に終始徹底したと考えれば、なんとなく合点がいきます。濃すぎるメイクも

視点を変えて、サードアルバム収録曲の特徴から分析してみます(6Starsさんのリストお借りします)

先日の日本公演で、私自身が気になっていたことで
「新曲はカッコいいんだけど、モッシュで盛り上がる曲の割合少ないかなー」という印象
結構、ステージを見入っちゃうことが多かったんですよね、裏返せば歌劇的に見せる演出なのかな?と
実際に、ファーストやセカンドの曲って「観客をモッシュで盛り上げる曲」に軸があると思うのだけど、今のところサードは「観客を魅せる曲」という感じが多い、はっきり言ってモッシュしにくいw感じ

メギツネ・ギミチョコ・イジメ・RORなんかはほっといてもサークルできるしモッシュ最強
他ファースト・セカンド曲も、合いの手・クラッピング・合唱 他観客の盛り上がりの仕掛け満載
スローなカラテだって「エビバディジャンプ」だし、まさかのメタ太郎だって全員合唱の定番になっている
一部とSUソロ曲ぐらいが、わずかなモッシュ休憩時間だったもんねw

1. Arcadia(?)  モッシュ向きの可能性あるけど、SUさん煽りは今のところ無し
2. Elevator girl  同じくだけど「魅せる曲」の色強い C&R煽りは今のところ無し
3. Distortion   モッシュ向きの可能性あるけど、クラッピング止まり
4. Ind-metal(?) 今のところ「魅せる曲」 煽りありの可能性あるけどクラッピング止まり
5. Starlight    「魅せる曲」の色が強い 煽りが入るタイプではない
7. Kagerou    「魅せる曲」の色が強い 煽りが入るタイプではない
8. Instrumental(?)「魅せる曲」の色が強い 煽りが入るタイプではない
9. Shining Star(?) すでに歌劇向き「魅せる曲」 煽りが入るタイプではない
10. In The Name Of すでに歌劇向き「魅せる曲」 煽りが入るタイプではない
※ 主観の認識に間違いあればごめんなさい

6.PAPAYA!   これは完全にモッシュ向き!
しかし、PAPAYAは振付から「タオル回し」前提の振付なんですよね
つまり、モッシュも盛り上がるけど、歌劇でシート席観覧でもタオル回しで盛り上がれる、良く考えてある曲です

もちろん、過去もそうであったように、ツアーの中で意外なC&Rとかが演出追加されて、育っていくケースも出てくると思いますので、今後のライブでの曲の成長変化も注目ですね

現時点で、まさに歌劇的な演出!といえるのは、
ダークサイド期のスターライト演出 
レジェンドS での  In The Name Of エンディング
レジェンドM での Shining Star(?) でのMOAさんSUさんのギター演出ダンスはまんま!
Instrumental(?)も、現状意味不明だけど演劇の中の演出と考えれば、幾何学映像ともマッチングが良い演出

考えてみれば、今までのライブ・オープニング、途中の手書き風紙芝居・エンディングのストーリー演出も、すごく昔からベビメタライブを演劇ストーリー仕立てにしようとされていたようにも思いますよね。

あと、サード6曲でしたっけ? 方向性が見えてくると思うので楽しみですね
今のところ、ファースト・セカンドのはっきりと「観客をモッシュで盛り上げる曲」に重きがあるのとは違い、サードのコンセプトが「観客に魅せる曲」に重きがあるように感じられます

歌劇団が全く的外れの妄想であるかもしれません
しかし、神バンドマスクの件といい、楽曲の方向性といい、なにかしら大きなパフォーマンスの変革の目的をもって目指すところがあるようには思います。それが2020年10月なのか?

個人的には、むしろライブバンドBABYMETALの真骨頂として、「観客をモッシュで盛り上げる曲」が増えてほしいし、C&R向きな演出が増えてほしいですね
神バンドもマスク外して!

「ライブバンド仕様」と「歌劇団仕様」の2本立てで、使い分けてパフォーマンスするとかね

* by 妄想族なんちゃらー
先のスレで「ベビメタ歌劇団構想」ですべり倒している、妄想族なんちゃらーです!
でも、もうちょっと粘ってみたいと思います

誤解があるといけないので、私も皆さんと同じ、ライブバンドBABYMETALの支持者です
「モッシュピットにいてこそのベビメタライブ」と個人的に思っており、スタンディング席のみチケット応募おります。
ですので、神バンドマスク・神ソロ・C&R観客あおり・WOD・モッシュ・SEE YOU!・WE AREなど「メタルライブバンドの王道文化」「ベビメタだからのライブ様式」が減少しているように感じる昨今に、正直寂しさを感じているのです。皆さんと同じ気持ちなのです

一方で、2020年10月に「運命の時」と大きな変化を予告が告げられたのですが、正直現段階のフロント3人体制+神バンドの「ライブバンドBABYMETAL」の体制が、根本的に大きな変化するような形態が想像できません
ですので、「ライブバンドBABYMETAL」と並行した、なにか他のバンドがやってないような仕掛け・システムができるのかも?という発想から「歌劇団構想」してみただけです。
もしかしたら、まったく別の形かもしれませんが、そういう大掛かりな「変革」である気がします
「2号店・姉妹店システム」はホルモンさんやっちゃってるしねw

お題に戻って「神バンドのマスク」についてですが、「オペラ座の怪人」のファントム(幽霊)マスクのようでもあり、歌劇的でもあります
それよりも、実際にベビメタが「歌劇 オペラ=歌で進められる劇」をすると考えて想像するとわかりやすいです。
SUさんMOAさんが、他の演者と一緒に、ステージ上で、歌あり・「セリフあり」でストーリー進行する演劇を演じるようなイメージです
そのステージ上で「神バンドの居場所」は? SUさんMOAさんがセリフで役を演じている後ろで、BOHさん大村さんがギター抱えて立っているわけにいかないことになりますよね?
「ライブバンド仕様」なら神バンドはバンドメンバーとして、表舞台で堂々姿を出して正解、我々もそれを待ち望んでいる
もし「歌劇団仕様」なら、ステージ上に神バンドが「常時」いること自体が、演出上ミスマッチになります
今「神バンドが存在を後方に潜めるようにし、マスクで表情もわからない」のは、歌劇団・オペラのステージ演出に向けた「前段階」という見方、神バンドの存在感を徐々にステージ上から消していこうとしている、という見方できませんかね?
ライブバンドでなく、歌劇そのものをやるなら、録音音源・カラオケの可能性もあります。
しかしそれはあまりに味気なくつまらないので、録音音源+神バンド演奏のハイブリッド演出の可能性もありますね

もしかしたら、という神バンドマスクの真相妄想でーす

最近は、ライブ後の観客に向けて手を振ることすらないですもんねー
ライブバンドとしてはあり得ないけど、そういう「ステージ演出そのものの大きな変化」が控えているなら、理由がわからないわけでもない

今、演劇のようにメンバーそろって「カーテンコール」やればいいんですよ!
でもそれでは、2020年のサプライズが、モロばれちゃうから、花火バーン!なんですかね?
グラストンベリーの終わり方も、ライブ的でなく演劇演出の範疇みたいだもんね
ステージ退出時、SUさんが観客の方が気になってウズウズしてる様子
あれはライブクイーンの血だよねー、さすがです!

* by 6Stars
神バンドのマスク撤去は賛成。昨年のGalactic Empireとの共演で何か思いついちゃったのか?
スリップノットみたいなのやりたいとでも思ったのかわかりませんが。
素顔を出すのがダメというならせめて目元だけを覆うもっと簡易なマスクではダメかな?
だいたいサポートメンバーは顔を出させないようにするというなら、鞘師さん藤平さんにも
マスク被らせないと筋が通らんじゃないですか(笑)
もっともそんなことしたら、ハロオタさん、父兄さんから猛クレームが来て炎上するでしょうが。

神バンドソロ、SU-METALソロも復活してほしいですよね。
BABYMETALの有力な売り物を二つとも封印する理由がわからない。
昨年だってSU-METALソロはやってたじゃないですか。
せっかくKagerouという良い曲ができたのにもったいない。
ビルボードやグラミーをあまり意識する必要はないと思うけど、どうせなら出し惜しみせず
全戦力投入した方がいいと思うんですが。
それともこれを出し惜しみと感じてしまう自分がまだまだメイトとして修業が足りんのか。

* by 6Stars
これまでのメタルレジスタンスの大まかな流れです。
EPISODE 1 : 2013年1月(世界征服を宣言) ~ 2014年2月 日本武道館
EPISODE 2 : 2014年7月 Legend-Y- ~ 2014年11月 O2 Academy Brixton
EPISODE 3 : 2015年1月 新春キツネ祭り ~ 2015年12月 横浜アリーナ
EPISODE 4 : 2016年4月 ウェンブリー ~ 2016年9月 東京ドーム
EPISODE 5 : 2017年1月 ~ 2017年10月 大阪城ホール
EPISODE 6 : 2017年12月2日・3日 Legend-S- 広島
EPISODE 7 : 2018年4月 ~ 10月 神戸ワールド記念ホール
EPISODE 8 : 2019年6月 横浜アリーナ ~ ?
EPISODE 9 : 2019年7月6日・7日 Legend-M- ポートメッセ名古屋
EPISODE 10 : 2019年9月 USツアー?
EPISODE 11 : 2020年4月 ?
9月からのUSツアーがEPISODE 10だとすると、来年はEPISODE 11になってしまいますが、
たぶんKOBAさんのことだから10周年に合わせてEPISODE 10にしたいのではないでしょうか?
だからLegend-S-広島をEPISODE 6とし、外典扱いにして2公演で終わらせたのだと思います。
2018年をEPISODE 7にするために。
YUIMETALの脱退が無ければ本来は下記のような予定になるはずだったのでは?
EPISODE 8 : 2019年6月 Legend-Y- 横浜アリーナ、7月 Legend-M- ポートメッセ名古屋
EPISODE 9 : 2019年9月 USツアー ~ 2020年3月 EUツアー
EPISODE 10 : 2020年4月?
しかし、YUIMETALの脱退により横浜を外典にすることができなくなったので、以下のように
Legend-M-だけを外典としてEPISODE 9を割り当て、9月のUSツアーから再びEPISODE 8に戻る、
と予想していますがどうでしょ?
EPISODE 8 : 2019年6月 横浜アリーナ ~
      EPISODE 9 : 2019年7月 Legend-M- ポートメッセ名古屋
EPISODE 8 :  ~ 2019年9月USツアー ~ 2020年3月EUツアー
EPISODE 10 : 2020年4月?

* by 名無し
完全に個人的な印象だけど、去年から引き続きいまだにやりたい事を表現しきれない状況なのかと。
去年はYUIMETALの戻る場所を無くさない為にやむを得ず脱退発表まではメンバーも人数も固定せずにやっていたと思っている。
年末に数回だけの3人体制が復活したときもすぐにサポートの子を正式に入れれば良いという声があったくらいだし。

神バンドの方は藤岡さんが亡くなった後は新たなメンバーが頑張ってくれてはいるけど、今年になっても練度の問題なのか直近のフェスでもミスが多かった。
マスクは要らないと思うし神バンドソロも復活させてほしいけど、3人目のメンバーの事も含めいまだに試行錯誤しているってことなんじゃないかな?

* by gaooo
チームBABYMETALの魅力の一部は、神バンドの魅力です。
ですから、仮面を外し、もっと前に出たパフォーマンスを望んでいます。
それはあくまでも「彼らに敬意を表すという意味で」です。

しかし、表情としての表現力や目立つパフォーマンスがなくなったからといって、神バンドの魅力がなくなったのでしょうか。彼らの実力って、そういったものの上にあったのでしょうか。
(確かな演奏技術が、よりシビアに見極められてしまう状況になったようには思います。)
ましてや、そのせいで
今のSU-METAL、MOAMETAL、AVENGERSのパフォーマンスの魅力が損なわれているのでしょうか。チームBABYMETALの魅力が大きく損なわれているのでしょうか。簡単に損なわれるほどの貧弱なものだったのでしょうか。

私は、そうは思っておりません。
現在の演出方法のひとつであって、目くじら立てるほどのことでもないように感じています。
(横浜から名古屋までの期間、あれだけ盛り上がったじゃないですか。)

昨年から様々な試みを繰り返しております。そして、観客(ファン)の反応によって改良してくるとは思います。
遅かれ早かれ、仮面を外し、神ソロないしインストゥルメンタルを演奏する時が来るでしょう。

SU-METALソロ(Kagerou)に関しても、USツアーでセットリストに入らないとは言い切れません。

また、ツアーを通して爆発しない程度の不満を感じさせておいて、The Forumで一気にカタルシスを感じさせるのではないでしょうか。そんな手法を取りがちというのが、私のチームBABYMETALに対しての印象です。

(まとまりのない文章になってしまいました。所詮、盲目信者の戯言でございます。)

* by BON JOVI子
マスクで覆われて完全に顔の表情がわからなくなって残念です。
あのマスクのデザインも下に行くほど前に突き出していて
手元が見えにくいのではないでしょうか?そのせいか必要以上に首を前に傾けている気がするのは
私だけ?演奏の妨げになっていなければよいのですが・・・。
アイマスクでもっとかっこいいデザインだったら印象も違ったかな~、、、
神バンドソロはまた復活させてほしいです。
Suソロ・BBM・神ソロ・・なくしたことによってライブ全体の起承転結が乏しくなった?かもね。

* by 名無し
No.13020さんへ

今年の公演ではすぅソロが消えたってことですよ
そりゃすぅソロ曲が消えるわけありません。すでにあるのだから
まあ、Kagerouはアメリカ受けする曲なのでアメリカで復活するかもしれませんね

- 2020年 人気記事ランキング -
01-1-25-3.png02-1-26-3.jpg02-1-26-3.png
04-1-6.png05-1-16.png06-1-7.png
07-1-29.png08-2-04.png09-1-20.png

- 2020年 BABYMETALライブスケジュール -
bm-2020eu.jpgknotfest3-20.jpgbm-2020asia.png
pulp summer slamrockring01.jpgnovarock01.jpg
greenfield-fes01.jpgdownload2020.jpggraspop2020.jpghellfest2020.jpg

- BABYMETAL関連商品 -

bm-2020eu.jpgknotfest3-20.jpgbm-2020asia.pngpulp summer slamrockring01.jpg
novarock01.jpggreenfield-fes01.jpgdownload2020.jpggraspop2020.jpghellfest2020.jpg