2019(1280x220)-4-01.png

アイドルとメタルを融合したオンリーワングループBABYMETALを応援するブログです。BABYMETAL関連情報を収集するのはもちろんのこと、幅広い世代で楽しめる色々なBM楽園特別企画もやっています。BABYMETALについて楽しく語り合う遊び場的なブログを目指していますので、BABYMETALファンの訪問をお待ちしています。

menu77.png
 

もしかして運営側は、今年ダークサイドからライトサイドへの移行だけではなく、BABYMETALが『さなぎ』から『蝶』へ成長したことも暗示したかったのだろうか?

 11月も半ばを過ぎ来月の海外公演が近付いてきましたが、その後のスケジュールは未だに何も発表されていないため、新体制がスタートしたばかりであるにもかかわらず少し不安にさせられます。 もしかして今年も年明けからFOX DAYまで何も無いのだろうか? 同じ事務所の先輩ONE OK ROCKが既に来年2月と3月の北米ツアーを発表済みなので、どうやらBABYMETALが2月3月に海外ツアーを行う可能性は極めて低そうです。  となると、も...

続きを読む

icon55.png Category : 語り合おう!

Comment-open▼ 💬 Comment : (28)

* by 名無し
②で
毒キノコでも食わないとやってられねーよ状態かと。

ヘッドギアは、おでこに跡が残るし、いくら冷えピタ内蔵とはいえ暑すぎますよね~

とりあえず、来月のフェスの紙芝居で我々はメタルギャラクシーへの永遠の旅に就くのであった・・
これにてメタルレジスタンス「完」とかにしないでね。頼むよ~

* by 妄想族なんちゃらー
コスチュームはベビメタの魅力の根源的な問題だけに、ファンが納得する仕上がりになっていってほしいものです

いまさらだけど、おさらい

およそへヴィメタルに似つかわしくない「若年の女の子」が「カワイイ」を前面に押し出して、世界に打って出た、しかもバックバンドはトップレベル、すべてが「ギャップ感」のなんじゃこれ
だから、いままでメタルに興味のない人を引き付け、女性・お子さんという従来のメタルファンにない層を開拓してきた功績もあった

海外のメタルエリートからの反感・批判に真っ向立ち向かって、ライブ・フェスの生の現場で先入観をひっくり返し、口コミや有名アーティストの支持を得ながら、世界にファンダムを広げてきた「道のり」
ファンが誇りに思っている所も、そこだよね

この1年は
とってもダークなへヴィメタルな容姿で、楽曲も総じてメタルエリートも受け入れやすい新体制なのかな
「カワイイ」は武器だと思う、今後どう入れ込むかは見所
「カッコいい・キレイ」は、古来の女性メタルにいくらでもいたもんね
8年やってきたフロントの彼女達も、年齢に関して、やれロリだの問題視されないところになったかな
いろいろと、突っ込みどころがなくなって、へヴィな容姿だけど逆説的にマイルドな感じの今?

この先にまた、メタル界を震撼させる「なんじゃこりゃギャップ」が出てくるのだろうか?
このまま、古臭いメタル様式に、受けがいい・馴染みやすいベビメタになっちゃうのかね?

ベビメタしかできない「ギャップ感」が、蝶になったら待ってるなら大歓迎
もっと波風立てて、批判・反感ものともしない、攻めまくってた頃のベビメタが一番カッコいい
見た目の作られたカッコよさ・・・とは違うよね

* by 名無し
成長期の少女たちで構成されるユニットである以上、変わっていくのは仕方がないし、それを止めることもできないからね。変化についていけない人は、この場合、置いていかれるのは仕方がないことだと思うな。

ただ、変化を宣言した以上、ここから先の動きも加速して欲しいよ。

* by Terurin-metal
最後の紙芝居での三角形の合体シーンって、同じシーンがSSAのメタ太郎前の紙芝居でも
使われていて、あの三角形の正体はメタル銀河をさまよう宇宙船。BM、サバトン、GEが
乗り込んでいて紙芝居では今日その3隻が一体となって祭りを繰り広げる。こんな紹介でした。

* by 名無し
No.7205さん、ゆいポジに入ってた子(RORの時の相棒)は大森小都乃さんです。
JCDのTV画像で確認したので間違いありません。

* by 名無し
⑤で。
BMのファンサイトをいろいろ見ていますが、新章のBMが3人に戻る事にあまり触れられないのか疑問です。
JPツアーの最後な三角形合体は明らかに3人に戻ることを暗示していますよね。
全くのオカルト的で関係のない話で申し訳ないのですが、
2018年のBMは狐神を奉る関係上、今年の干支の戌年(いぬどし)の影響を強く受けました。
狐にとって犬は天敵とされています。
戌年の運命的意味ですが、滅びや1つのものが分かれるとされています。
来年は亥年(正確には亥年ではない)ですが運命的意味合いは行動を起こさず守る年だという事です。
つまりBMにとっては大きな動きを起こさない方が吉であることになります。
しかし、来年度からは3人態勢を発表せざるを得ない状況だとおもいます。
ここで、キーになってくるのが新メンバーの最有力候補である平井沙弥の存在です。
平井沙弥さんは大阪のダンススクールに所属しており、JPツアーのサポートに参加した方ですね。
なぜ、彼女が最有力候補かというと、来年3月には高校卒業であること、SNSが彼女だけロックされていること、
ユイポジションに交代で入っていたことなどがあげられます。
ここで、オカルトにまた戻りますが、平井沙弥さんの名前を姓名判断で鑑定すると、
傾きかかった物事を立て直す才能があると出てきます。
つべで彼女が踊っていた動画も見ましたが、実力も申し分ないと思いますし、
SNSが公開されていた頃は、MIKIKO先生、マッスルダンサーズの丸さんもフォローしていたようです。
以上の事をふまえてこれからのBMの活動を見ていくと非常に面白いと思います。
その際に、ポイントとなる点が来月のサポートアクトやフェスのメンバーです。
3人なのか4人なのかは分かりませんが平井さんが含まれるかは大きな見どころと思います。
ただ、ナタリーかロッキングオンかは忘れましたが第7章は終わりとの記載があったので、
今回のような7人は無いと推測されます。
また、平井さんは学校との兼ね合いもあるので今回は参加しない可能性も考えられます。
いずれにせよ、来年度のBMがどのように推移するのか、非常に興味深いです。
長文失礼しました。

* by 名無し
ゆいちゃんが残留していたら、すぅモスラを支えるピーナッツのような存在になれたのね?

* by 名無し
No.7198さん

光と闇は幕張SSA神戸で邂逅したと紙芝居で表記があったので
光と闇の融合=メタルギャラクシー衣装ですね。
来季からはまた新しいイメージになると思います。

* by 名無し
KAWAIIからアート方面へ大きく方向転換したのか、ステージをバンド路線からショー路線へ変更したのか↑
このまとめ方にとても共感しました。そして、もともとはロック好きでベビメタに熱中した者からすれば、
この変更は好きではありません。元に戻して、すばらしい新曲をどんどん出してください。もちろん3人で
ダンサーは いりません。

* by 名無し
①相変わらずのアホだな!
②おい、毒キノコでも食ったのか?
まったくどこからこんなお題を思いつかれるのか(笑)
KAWAIIからアート方面へ大きく方向転換したのか、ステージをバンド路線からショー路線へ変更したのか、次の一手が見えてこない今よく分かりませんが、いずれにしてもチームベビメタとしてはこの方向性で再び世界を攻めようとしてるのかもしれませんね。クリエイターの方々ならこういう方向に進みたくなってしまうであろうことも理解できなくはないです。
一ファンとしてこれをどう思うか、今後もついていく気になれるのか、チームベビメタだってやりたいことを勝手にやればいいし、ファンだって自分の好みやセンスで勝手にすればいいですよね。
私は今の方向性は全く好みではないのですが、この路線が世界からどう見られるのか、果たして再び世界に攻め入る武器として通用するのか、についてはちょっと興味津々です。