2019(1280x220)-4-01.png

アイドルとメタルを融合したオンリーワングループBABYMETALを応援するブログです。BABYMETAL関連情報を収集するのはもちろんのこと、幅広い世代で楽しめる色々なBM楽園特別企画もやっています。BABYMETALについて楽しく語り合う遊び場的なブログを目指していますので、BABYMETALファンの訪問をお待ちしています。

menu77.png
 

アメリカで初披露された新曲『Elevator girl』(仮)と『TATTOO』(仮)を聴いた感想を教えてください。

 BABYMETALワールドツアー2018は序盤のアメリカ3公演を終え、大きく変更したライブ構成も公演毎にその完成度が高まってきたように思えます。 YUIMETAL欠場で最初はネガティブに受け止められたダンサー2人も次第にその実力が注目され始め、早くも彼女達の名前が明らかになるなど、なかなか面白い展開にもなってきました。 それにしても、海外ライブで新曲4曲からスタートするとは思い切ったことをしましたよね。 最初の2曲『I...

続きを読む

icon55.png Category : 語り合おう!

Comment-open▼ 💬 Comment : (43)

* by どじ
聴いてません
気になるけど聞きません
折角の新曲ですから公式版が出るまで
ワクワクしながら待ちたいと思います

* by 名無し
①『Elevator girl』(仮)
②『TATTOO』(仮)

①は Happiness が爆音をバックに歌い踊ってるみたいな感じ
この手のナンバーならばガールズバンド Roselia の楽曲を手掛けている
Elements Garden のほうが得意でしょ
アニメの ed に流れてきそう

②については日本的なメロディに日本語の語感を意識したんでしょうか?
CMソングみたいでキャッチ―だとは思います



* by 6Stars
【No.1304】
いやあ、とっくに腹は括ってますよ。
YUIMETAL欠場の告知がなかったことは釈然としませんが、今はそれは呑み込んで
新スタイルのBABYMETALを楽しんでいます。
いろいろ不評な髪型・衣装も、私は特に悪いとは思わないし、曲も繰り返し聞くうちに
すっかりなじんできました。
もともとBABYMETALは、「なんだこれ、この娘たち面白い、観てて楽しい」というところ
からファンになったので、ステージでのパフォーマンスがよければついていけます。
3rdアルバム出て「うーん、イマイチだなあ。1stや2ndに比べるとたいしたことないな」と
思ったとしても、実際にライブで観たら手のひら返すと思います。

* by 焼き芋SEVENメタル
No.1298さん、懐かしい話ありがとうございます
でもリッチーブラックモアのレインボーでの芯の考えは
まだ世に知られていない逸材を自分を通して世に知ってもらう事だと
後に知りました、まさにメタルの神ですね、まだ生きてますけどw
リッチーは本当に凄い、人生の教則本になってくれた人

「世に惑わされず、自分の道を世間になんと言われよう突き進む」

ベビメタが好きなのもその匂いを強く感じたからなのかもしれません。
だからこれもBABYMETALであっていいし、悔いのないように進んで欲しい
まあこだわりもあるでしょうが、今年はダークサイドを楽しむ年だと考えてみては
いかがでしょうw

* by 名無し
どっちも2.3度聴きましたが
ダメでした🙅‍♂️
残念です。

* by 好きも嫌いもゆらゆら揺れる
新曲もそれぞれ個性が際立っていて、いつものBABYMETALらしさは残しているものの、楽曲の出来として受ける印象はさほど好ましいものではない。これから幾多のLiveを経てどう変えていくのかというところがもっぱらの興味だ。問題なのはアルバムですね。これらの楽曲がアルバムの中でメインを張れるとは到底思えない。当然、アルバムの主題となり骨格となる名曲がこれから何曲か用意されるのだと信じているが、この三曲の新曲のレベルではサードアルバムに対する名盤の予感は保留となっているのが実状だ。

さて、新たな2曲の新曲についてです。
ElevatorGirlは、なんじゃこりゃ感満載の曲でBABYMETALらしいとも思うが、これはかっこいいのか??、ダークサイドなのか??、とてもポップでかわいらしい曲だと思うのだが、おそらく今まで通りのポニテツインテでやったなら魅力的な曲になっただろうなと思う。しかし、現状のコステューム(特にかぶり物)でこれをやられるとなんだか滑稽なコミックバンドにしか見えないのだが。曲の聞かせ方というのはビジュアルにも大きく依存しているということを忘れてはいないだろうか。
Tattooは悪くない曲。BluesBABYMETALには以前から興味があった。SUがかっこよくBluesを歌ったらどんな感じなのだろうかと。しかし、もっとかっこいい曲が創れただろう。ブルース調のレイジーな曲というのは、とにかくひたすらかっこいいことが全てだ、ブルージーなギターソロをかっこよく決めるのも定石なのだが、何処に??。Ledaなら上手くやれるはずだろうと思うのだが、どういうことだ。わざわざ煮え切らない曲にしてどうするんだ。SUは意外と上手くやっているように見えるけどね。イサオはあまり評判がよくないようだが、ギタリストの人材に困っているのなら国内に拘ることはないと思うのだけどね。雇ったダンサーだって外国人だろう。

今までの曲もLiveでやらねばならないわけだから、ライトサイド的楽曲とダークサイド的楽曲を明確に分けて演奏し、衣装やヘアスタイルもチェンジすればいいではないか。その間に長めの紙芝居や映像を流せば休憩にもなってショーの時間も長くできるはずだ。そういう構成的な部分でも変化していくことが必要ではないだろうか。中途半端だと感じるところの所以でもある。

* by 6Stars
【No.1297】
そうです。ロニーが脱退してグラハムが加入した「ダウン・トゥ・アース」のときです。
75年「銀嶺の覇者」、76年「虹をかける覇者」でリッチーとロニーの作り出した中世
ダークファンタジー的な世界観の楽曲にどっぷりとはまっていたのですが、
78年「バビロンの城門」で「あれれ?何か変だぞ」と違和感を感じ、ロニー脱退の報に
がっくり。そして79年の「ダウン・トゥ・アース」では、中世ファンタジーの要素は消え、
新ヴォーカリストは短髪にスーツという、およそハードロックとは思えないスタイル。
「はあ?何これ?こんなのRainbowじゃねえ」と、まさに、今EP.7のBABYMETALに
違和感を覚えている方々と同じ反応ですよ。
そしてコージー脱退がトドメでした。一応81年「アイ・サレンダー」までは買いましたが、
それ以後Rainbowからは気持ちが離れてしまいました。
なので3rdアルバムがどんなものになるのか、いささか心配ではあります。
まあ、あの頃はまだ今のSu-と同い年で若かったので、堪え性が無かったですね。
BABYMETALに関しては、今までで断トツで気に入ってますので、そうそう愛想を
つかすことはないつもりですけど。

* by 名無し
6starsさん、グラハムボネットの頃ですか?
懐かしすぎます・・w

* by OBA-P METAL
『Elevator girl』と『TATTOO』は初聴からドはまり。どの曲も綿密に作り込まれてると感じました。
新しいアルバムが楽しみでなりません。

ファンの期待を華麗に裏切るのはさすがBABYMETALだなと思いました。

* by モッシュッシュ男
今回の新曲3曲全てに言えることは、「なんじゃこりゃ感」の欠如かと。それを成熟とみるかどうか…。自分は結構ネガティブに捉えています。Distortionを中心にブログに書いてみましたので、よかったら「WHY日々WHY」で検索して下さい。